ほけんの窓口

\保険の比較・見直しなら/

トップページ > 沖縄県

保険の見直しって大変なんでしょう?と二の足を踏んでいるあなたにおすすめなのが、保険の比較・見直しを無料でアドバイスしてくれるほけんの窓口(保険の窓口)です!

当サイトでは沖縄県で保険の見直しを考えている方に、お近くのほけんの窓口を紹介しています。

あなたが加入している保険が、治療の足しになる程度にしか保障してくれないものだった場合、安心して治療に専念できるでしょうか?

高額療養費制度の手続きをすれば毎月の支払は10万程度に抑えることはできますが、治療が長引いた場合、高額療養費制度を利用しても相当な費用となってしまう可能性があります。

入院や治療が長引けば仕事にも影響がでてしまいますので、収入にも関係してきます。

また、高度先進医療を受けることになった場合、公的医療保険の対象外のため全額自費で支払わなければなりません。

保険を見直したほうがよいとは思っていても、手続きが大変そうだからと先延ばしにしていませんか?

ほけんの窓口を利用すれば、一切費用はかからずに、保険のピックアップから加入手続き、給付金の請求まで全て専門家が行ってくれます。

先延ばしにしていても健康でいられる保障なんてどこにもなく、逆に病気のリスクは年齢とともに上っていくのです。

がんの告知を受けていたり過去に入院歴がある場合、保険料が倍になったり、契約から1年以内は保障が半分にになるなど、条件なしで加入するのはほぼ不可能になります。

いろいろな保険を自由に選べるのは、健康な今だけです。

病気は突然あなたを襲います。

しっかり保障を付けておけば、治療費や入院費、入院中の家族の生活費などを心配することなく、治療に専念することができます。

保険というものは、まさに備えあれば憂いなしなのです。

\保険の見直しなら!/

ほけんの窓口は相談無料!
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 相談は何度でも無料!
  • 取扱い保険商品は約35社!
  • 24時間ネットで簡単予約!
  • 訪問相談も全て無料!
  • キッズスペースがあるのでお子様連れでも安心!(店舗により設備は異なります)

ほけんの窓口の相談の流れ

ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

安心の輪サポート!

安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。

女性の担当者を選べる!

女性特有の病気や疾病については男性のライフパートナーには相談しづらいものですが、ほけんの窓口では予約時に女性のライフパートナーを希望することで、優先的に女性のライフパートナーに対応してもらえるようになります。(女性のお客様限定)

まとめ

保険の見直しを考えているなら、ほけんの窓口がおすすめ!相談料は何度でも無料です!

沖縄県の方向けはじめての保険の見直しQ&A

ほけんの窓口で保険の見直しの無料相談に行ってみたいけど、保険の知識がなくても大丈夫かな? 手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しについて知ることが重要です。
ほけんの窓口の素朴な疑問や、保険・保険の見直しに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.ほけんの窓口はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口など保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料等で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしてもほけんの窓口で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。(一部、対象エリアあり)

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。


Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わる(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、若いうちに加入することで保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。

ほけんの窓口で無料相談を考えているときに役立つコラム

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。


例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意にそわない契約をしてしまうなどです。

威圧的な態度をとるなどして断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、長く付き合っていくのも難しいでしょうから一度離れた方が良いかも知れません。



そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。
費用が0円の保険相談を利用する際には、本当ならば判断はこちらに委ねられているワケですが、担当のFPさんがとても良い人だったり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかも知れません。



大きな決断でもある為、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。上手な断り方としては、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。

実績を見てみると一年間に十万を超える人に利用されている会社もある沿うです。



それだけ関心が高いとも言えますし、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもある為はないでしょうか。


会社自体はたくさん存在しますが、CMでも有名なほけんの窓口や、インターネットでよく見る保険マンモスなどの会社名をよく目にします。
やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、実際話し合いするまでの手軽さも評価されているようです。


今、巷で話題の保険無料相談。
専門的な知識を持った人に話を聞いて貰えるというのに、なぜお金がかからないのでしょうか。



どんな仕組みでそんなことが可能になっているのか、探ってみました。


ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、手数料という形で契約が成立したときのみ支払われるでしょう。



つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとっては契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、営業のチャンスである事は確かなので、WINWINの関係とも言えるようです。家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。失敗しないようにぜひじっくり選びたいはずです。

不安なら、無料でできる相談会社をつかっててみてはいかがでしょう。

ざっくり自分が行くタイプとこちらに来てくれるタイプと2つありますが、会社により特典が付くところもあったりします。



何を貰えるかというと、商品券が多いようです。



一万円に満たない額がほとんどですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。勉強になる上にプレゼントまで貰えるとしたら、話がうますぎるくらいです。世の中には保険の見直しを無料でしてくれる沢山の会社があります。インターネット予約での申し込みも可能なので、あとは流れに沿っていけばFPさんとの面談が叶います。

しかしやはりその前に、自ら下準備をしておく必要があります。



今はどんな保障があるかピックアップしたり、自身の生活スタイルに合っている保障とはどんなものか、また逆にいらない保障はないか、幾らなら無理なくつづけられるか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、事前に準備をしてスムーズに話し合いができるようにしましょう。保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、そんな状況で自分の希望ぴったりの会社を探すのは、至難の業ともいえるかも知れません。

最良の出会いをもとめるならランキングも参考になります。


重要なポイントに絞って造られていることも多いので、自分と相性の良指沿うな会社がわかりやすくなっています。よく名前が挙げられる会社でも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかも知れないので、上の方に位置している複数の会社で面談するなど、上手く生かして満足へつなげましょう。


無料で保険の相談を請け負ってくれる会社は、名前が知られているだけでも10社以上になるでしょう。
その中で間ちがいない会社を選びたいなら、おすすめはFPさんの質が高いところです。



実際数社に依頼して面談した人の話を調べますと、どんなFPさんと話をするかによって、同じ内容のはずでも結果として返ってくるプランが異なることが多いでしょう。

契約になればそのFPさんとその後も関係がつづいていきます。客側の希望を含めてプランを決めるのはもちろんですが、納得以上の満足を提供してくれるようなFPさんがたくさんいるようなところを選びたいですね。

インターネットなどで少し調べるだけでも、沢山の保険無料相談請負会社が見つかります。
中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。



どんなものがあるのか調べてみました。
主に商品券やギフト券、また現金などを貰えるというものでした。



貰える額はそれぞれ異なりますが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。



人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。こんなサービスも考慮に入れれば諸々のわずらわしさも気にならないかも知れません。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、その時間をできる限り有効活用したいはずです。見直しをお願いする際のポイントとしては、現在のものは保証内容・支払額のバランス等どうなのか?さらにはそれが自分の生活に合っているのか?ということです。


面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、健康診断や人間ドックの結果を用意しておきましょう。

するとより具体的で生活に合ったプランを立ててもらいやすくなります。



また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、それについてもしっかり選びましょう。

沖縄県の方向け保険を見直す際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリストになります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の見直しは今がチャンス!

沖縄県でほけんの窓口で無料相談!