ほけんの窓口

\保険の比較・見直しなら/

トップページ > 大阪府

保険の見直しって大変なんでしょう?と二の足を踏んでいるあなたにおすすめなのが、保険の比較・見直しを無料でアドバイスしてくれるほけんの窓口(保険の窓口)です!

当サイトでは大阪府で保険の見直しを考えている方に、お近くのほけんの窓口を紹介しています。

あなたが加入している保険が、治療の足しになる程度にしか保障してくれないものだった場合、安心して治療に専念できるでしょうか?

高額療養費制度の手続きをすれば毎月の支払は10万程度に抑えることはできますが、治療が長引いた場合、高額療養費制度を利用しても相当な費用となってしまう可能性があります。

入院や治療が長引けば仕事にも影響がでてしまいますので、収入にも関係してきます。

また、高度先進医療を受けることになった場合、公的医療保険の対象外のため全額自費で支払わなければなりません。

保険を見直したほうがよいとは思っていても、手続きが大変そうだからと先延ばしにしていませんか?

ほけんの窓口を利用すれば、一切費用はかからずに、保険のピックアップから加入手続き、給付金の請求まで全て専門家が行ってくれます。

先延ばしにしていても健康でいられる保障なんてどこにもなく、逆に病気のリスクは年齢とともに上っていくのです。

がんの告知を受けていたり過去に入院歴がある場合、保険料が倍になったり、契約から1年以内は保障が半分にになるなど、条件なしで加入するのはほぼ不可能になります。

いろいろな保険を自由に選べるのは、健康な今だけです。

病気は突然あなたを襲います。

しっかり保障を付けておけば、治療費や入院費、入院中の家族の生活費などを心配することなく、治療に専念することができます。

保険というものは、まさに備えあれば憂いなしなのです。

\保険の見直しなら!/

ほけんの窓口は相談無料!
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 相談は何度でも無料!
  • 取扱い保険商品は約35社!
  • 24時間ネットで簡単予約!
  • 訪問相談も全て無料!
  • キッズスペースがあるのでお子様連れでも安心!(店舗により設備は異なります)

ほけんの窓口の相談の流れ

ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

安心の輪サポート!

安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。

女性の担当者を選べる!

女性特有の病気や疾病については男性のライフパートナーには相談しづらいものですが、ほけんの窓口では予約時に女性のライフパートナーを希望することで、優先的に女性のライフパートナーに対応してもらえるようになります。(女性のお客様限定)

まとめ

保険の見直しを考えているなら、ほけんの窓口がおすすめ!相談料は何度でも無料です!

大阪府の方向けはじめての保険の見直しQ&A

ほけんの窓口で保険の見直しの無料相談に行ってみたいけど、保険の知識がなくても大丈夫かな? 手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しについて知ることが重要です。
ほけんの窓口の素朴な疑問や、保険・保険の見直しに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.ほけんの窓口はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口など保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料等で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしてもほけんの窓口で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。(一部、対象エリアあり)

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。


Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わる(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、若いうちに加入することで保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。

ほけんの窓口で無料相談を考えているときに役立つコラム

もし保険についての話が無料で専門家とできるなら、それを無駄のない時間にできるようにするべきです。見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、今の保障内容や月額料金、またそれらのバランスはどうか?さらにはそれが自分の生活に合っているのか?ということです。面談までの下準備に自身のライフスタイルを明りょうにし、また健康診断などの結果を用意しておくと良いでしょう。
するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。
またどの会社で面談をお願いするかも大事なことなので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをそれぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。評価を左右する重要点としては、FPさんとの面談が叶うまでのステップの容易さ、提案が可能な商品数の豊富さ、そしてなんといってもFPさんの質や評判でしょう。場合によっては数百万でも聴かない金額になるものですから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、長く付き合っていけるような人と今後の人生について話し合えると良いですね。良い保険の無料相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。それぞれの会社でどういうFPさんと会えてどういう提案をされたのか、注意深く掘り下げてみましょう。提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われていますね。


こちらにどういう希望があるかも汲んでくれるので、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、意外でありつつ納得感や満足度の高い提案をうけることもある沿うです。FPさんが良いかどうかが会社選びの最重要ポイントですから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

保険相談の際は大聞く分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、納得できる話し合いにならなかっ立と言うこともある沿うです。きちんと理解できないまま、FPさんの強い勧めだけで契約してしまうことも考えられます。

高圧的な物言いなどで断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、その後の対応についても不安が残るのであまり御勧めすることはできません。



沿ういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、面談時には誰かにともにいてもらうなどしましょう。


自宅で保険のプロと面談をし立ときの心配な面に、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わないときには変更して貰えたりするようなサポートダイヤルなどがあります。1回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずない沿うなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望をはっきり示しておくことも大切です。

経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を積んだ実力のあるFPさんなら他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。お金をかけずに保険の見直しができるというのに、そのうえなおも商品券などが貰えたらWでお得です。
もらうためにはどうすればいいのかというと、簡単なところでは面談をうけるだけだったり、面談後にあるアンケートに回答したりすれば貰えます。
一万円に満たないほどの金額ではありますが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるものです。当然ですがプレゼントのための面談と判断されたら貰えないので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。
ネットで少し調べればわかるように、世の中には多くの保険無料相談会社があります。



中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーン(社会運動やチャリティ活動のことをいう場合もありますね)を実施している場合もあります。


気になるそのうち容はといいますと、多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。もらえる金額はどれほどのものになるかというと、数千円ほどのところが多いようです。


人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。


こういったことも会社を選ぶポイントにすれば諸々のわずらわしさも気にならないかも知れません。



保険無料相談を行っている会社は、名前が知られているだけでも10社以上になるものです。そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社が御勧めです。実際数社に依頼して面談した人の話を調べますと、同じことを話し合っても、担当のFPさんによって提案されるものが違うことが多いようです。いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

意見や希望、不安などを親身に聞いてくれるだけでなく、納得以上の満足を提供してくれるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。


無料でできる保険相談のニーズが高まっています。有料でもおかしくないような専門的な話し合いができるのに、お金を一円も払わなくて良いのはなぜなのでしょうか。
一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、契約ができ立ときに始めて支払われるシステムなんだとか。


ですからどれほど優秀なFPさんであっても契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、そのチャンスはたくさん得られるので、WINWINの関係とも言えるようです。
専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、CMなどでもお馴染みとなっているような会社の実店舗にまで行ってみたいという人も持ちろんいるでしょう。名の知れた会社は駅前やショッピングモールの中など、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、利用しやすいと思います。


自分一人しかいない家に呼んだり、ファミレスなどでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、来店型が合っているかも知れませんね。

大阪府の方向け保険を見直す際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリストになります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の見直しは今がチャンス!

大阪府でほけんの窓口で無料相談!